東北大学 工学研究科 機械機能創成専攻 共同研究講座

先端自動車トライボロジー材料研究

― 持続可能なクルマ社会に向けたエネルギー効率向上のためのナノ界面制御 ―

先端自動車トライボロジー材料研究

共同研究講座ではトヨタ自動車東日本株式会社と
東北大学が連携し、共同研究を促進するもので、
柔軟かつ迅速に研究活動を推進することにより
実用化・産業化を目指すものです。

研究背景

急速な環境を遂げる自動車を取り巻く環境の中多様なエネルギーに対応するモビリティの効率向上や
軽量化が求められています。
摩擦によるエネルギー損失を減らし、低燃費化、高信頼性を目指した低摩擦の
メカニズムを解明するために潤滑、摩擦、摩耗の科学と技術である
トライボロジーを東北大学の研究基盤と連携することにより、
環境性能優れた魅力あるクルマの創出に貢献する
トライボシステムの設計論を構築します。

研究背景

研究内容

  • 「ナノ分析」と「実機の材料開発」を結ぶ材料研究
  • エンジンにおける低摩擦システムのための材料開発
  • なじみ制御に基づく低摩擦界面形成技術の開発
  • ギアや軸受の信頼性向上のための材料設計指針

問い合わせ

東北大学 大学院工学研究科
先端自動車トライボロジー材料研究
(トヨタ自動車東日本)

〒980-8579 
宮城県仙台市青葉区荒巻字青葉6-6-01


E-mail:Please enable javascript


TEL:022-795-6957 

ページトップへ